TOP > 【艦これ】東間提督の航海日誌(番外:大和ミュージアム編)【備忘録】
 ← 【艦これ】東間提督の航海日誌 其の弐【備忘録】 | TOP | 【報告】アクセス貯金大作戦経過報告【9月分】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【艦これ】東間提督の航海日誌(番外:大和ミュージアム編)【備忘録】 

2005年以来、行きたいなー行きたいなーと思いつつも、気力・体力・タイミングが合わず、行けていなかった、




大和ミュージアムに行ってきたよ!!



DSCN2682_800.jpg

艦これロゴ


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

はい! というわけで、艦これ枠の第2回目はまさかの遠征ネタでございますよノ(苦w

↑で書いたんですが、昨日(22日日曜日に)、呉にある『呉市海軍歴史科学館』愛称、大和ミュージアムに行ってきたのです。

2005年に呉に大和を主題に置いた施設が開館した、という話は聞いていて、大学にいる4年間の広島にいる間に行こう行こうとは思っていたんですが、気力、体力、タイミング、そして軍資金に余裕も無く、結局行けず仕舞いだったわけですが、今回、

気力→私の中の艦これブームがうなぎ上り
体力→三連休の中日
タイミング→私の中の艦これブー(ry
軍資金→そこそこの余裕


と条件が揃い、決行したというわけですw

まぁ、前置きはこれくらいにして。
今回はちょこちょこと写真も撮ったので、それを織り交ぜつつご紹介(つか感想w)

家を10時に出発し、現在、広島県の三次(みよし)まで開通している松江道路、一般道、その他高速道路を駆使して広島県呉市の大和ミュージアムまで約3時間掛かりました。ミュージアム前の駐車場は満車で近場の有料駐車場を探してうろうろしましたw どうにか駐車場を発見して、いざミュージアムへ!

で、大和ミュージアムに渡る歩道橋でお出迎えしてくれたのは、


このお方でした(苦w
2013-09-22 13.55.04_800

海上自衛隊のゆうしお型潜水艦「あきしお」さんですw

これは隣接する海上自衛隊呉史料館の目玉である、実物の潜水艦を展示しちゃったやつです。まぁ防衛上の差し支えないところしか見れないらしいですけどね。あ、あとスクリューはダミーだそうです。
ほんとは時間があったら、そちらにも行ってみようと思ってたんですが、現着したのが午後2時頃だった事もあり、ちょっと無理かなーと思って行かなかった。護衛官が艦娘になった時に改めてお邪魔させてもらいます(ぇw

んで、こっちが本題。
2013-09-22 13.55.40_800
大和ミュージアムですb

まぁ既に写真を見てビクンビクンしちゃってる人もいると思いますが、右側になにやらwktkしそうな物体が置いてありますねw さっそく近づいてみると。

DSCN2673_800.jpg

むっちゃんこと、

長門型戦艦の二番艦、『陸奥』さんの41cm連装砲の砲身でしたw

この他にも主錨、スクリュー、舵などが屋外に展示してありました。しかしデカイ。



さてさて、むっちゃんの大きさに目を奪われつつ、メインディッシュである、大和ミュージアム内へと突入すると、さっそく主役がご登場!

1/10 大和

1/10スケール『戦艦 大和』さんです!!

全長26.3mの巨体w デカい! デカいよ! 大和さん!!

しかし、季節が悪いのか、時間が悪いのか、奥の窓(海側)からの日差しが強すぎて後光を背負っていらっしゃいましたw 
ちなみにこの模型、間近まで降りていって見れます(つか、下からだと見えないけどw)

大和から右舷方向に常設の史料展示室があり、そこには海軍の創設期から、第二次大戦終結後までの日本海軍の戦史、呉海軍工廠の歴史などがビデオとパネル、そして実際の物品で紹介されていました。
(ちなみに展示室内は、商用ではなく、フラッシュと三脚や一脚を使用しなければ、『撮影NG』と書かれた物品以外は撮影OKみたいです。あ、でもビデオを動画で録画するのはNOです。展示室の出口まで来たところで知ったっていう・・・orz)

写真はほとんど撮れなかったんですが、呉鎮守府の表札(?)とか、こんな感じの

2013-09-22 15.13.14_800

1/100サイズや、1/24サイズの艦艇や航空機の模型、もちろん、実際に使用されていた器具や各種書簡なども展示されていました。

あ、あと、あの『金剛』ちゃんの心臓部、"ボイラー"も展示されていましたw

もちろん、全体だけではなく、『戦艦 大和』を特集した展示室もありましたよ。建造計画の時点から、最終的には沈没後の話、戦後の話までかなり詳細に紹介されていました。

ビデオは各3~6分くらいで、そのあとパネルと展示物を見て回り、結局展示室内に1時間半くらい居たんですが、それでも全部は読めませんでした。三連休の中日という事でかなりのお客さんがいらっしゃってて、流れなければいけなかったというのが主な原因です。もう少し人の少ない時にゆっくり見て周りたい(苦w

その展示室を抜けると、"大物"の展示スペースがあって。
魚雷や潜望鏡、特殊潜水艇などなどが展示されているんですが、そこに今回の旅のサブミッション・・・

2013-09-22-15-31.jpg

零式艦上戦闘機六二型が展示されてました!

まぁ様々な資料から大体の大きさみたいなのは、把握していたつもりでしたが、やっぱ生で見ると大きいですねー。いっぺん生で見てみたかったのでw

あと、皆大好き、世界最大の46cm三連装砲の砲弾も展示してありました。

2013-09-22 15.34.00_800

まぁこの辺は、Wikipediaさんを見れば同じ写真で詳しい解説があるので、割愛しますw

九一式徹甲弾-Wikipedia

あと、大和の技術に注目した特別展(9月末まで)では、大和の艦橋が再現されていて、そこからの見える船首部分と、艦砲射撃演習の様子が見れました。あと、艦長室に飾られていたという"ある絵"も展示されてました。このある絵については、次の番外編でご紹介しようかと思います(苦w

あと、大和の構造なんかを3DCGムービーで紹介する15分くらいの映画を見たりもしましたわw

あ、そうそう、もう一つ大切な話があったw 大和の話ではないんですが、働く船を紹介する常設展示もあるんですが、そこの搬入用の大扉と思われる場所にこんな張り紙を発見。

DSCN2693_800.jpg

扉には小窓がいくつか開けてあって、手ごろな小窓から覗いてみると・・・

大和のふるさと

かろうじて『大和のふるさと』の文字が確認できましたw


まぁ、大体そんな感じでw たっぷり3時間半、大和ワールドにどっぷりと浸かり、大和サブレとポストカードをお土産(行ったという証明)に買うて、大和ミュージアムを後にしました(苦w



今回の大和ミュージアムへの遠征で、また少し昔の日本の姿を学ぶ事ができました。

まぁ、いろいろと知らない事実がありましたが、最も驚いたのは・・・



松江-呉間の往復で9000円掛かった!
という事をおいて他にはないでしょう・・・(遠い瞳


今度、遠征行くときには、燃料代と高速代を事前に調べてからにします(猛省


ではでは、これにて本日の航海日誌はここまで!

続報を待てノ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2013.09.23(Mon) 23:47] 艦隊これくしょんTrackback(0) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by うえはる
どもです
「あれ、呉って結構西だよな・・・?」って思ってたら交通費いい額いきましたね・・・・ww

艦これで見たことあるもの多くてなかなか面白そうですね・・・!(しかし自分の場合交通費がありえなかったので当分無理ですがw


ではでは~

by 子猫2000
(。・ω・)ノ゛ コンチャ♪
こういう展示系の施設いくと片っ端から隅々まで文章読んで、家族に置いていかれる猫ですw
(だって読んだほうが楽しいじゃない・・・)
人の流れ?知らない子ですねぇ・・・(慢心

艦船関係の展示物だと何もかもスケールがでかくて迫力いっぱいですね~
銃弾を見慣れてるせいか、砲の弾のでかさにビビりまくりですw
あんなでかい物が飛ぶなんて不思議ですねぇー

地理よくわからないのでグーグル先生に聞いたら、松江ー呉ってめちゃくちゃ遠いんですね
出不精な猫はこんな距離を移動する気になれませんw
具ロックさんの行動力に敬服です・・・

ではでは~ノシ

こちらこそ by フィンブル
 こちらこそご無沙汰しております、すみません。

 個人的には大和ミュージアムよりも(不届き者ですみません><)、広島の海辺に行かれたというのが良いですねぇ^^六月くらいからの観光PRのCMとたまゆらのせいで広島と瀬戸内海の株が上がっているものですから(笑)三月にしまなみ海道を通ったのですが、あの時は冬でした…。

 松江から呉って、陸の端から端ですね、大変でしたでしょうね^^;

by まるきち
最初の写真に写ってる潜水艦、意外とデカいものですね。
いつもは船体の半分以上が海に隠れているので比べられませんが
手前を走る車と比べてみても凄く大きいのが判ります(^_^;)

こちらの記事を拝見していると非常に興味を惹かれました。
い~や、「大和ミュージアム」一度は訪れてみたい所ですね!

具ロック">
Re: タイトルなし by 具ロック
> うえはるさん
どうもですノ
まぁ、中国地方を斜めに横断する事になりましたからねぇ(苦w
でも時間的には3時間ほどなので、下道使って5時間くらいかければたぶんガソリン代5000円でどうにかなったと思うんですけどねー(苦w

> 艦これで見たことあるもの多くてなかなか面白そうですね・・・!(しかし自分の場合交通費がありえなかったので当分無理ですがw
確かに東京の方から来るのは大変かもですねぇ(苦w
そうですね。まぁ海軍歴史科学館と言う名前の如く、海軍関連の物がたくさんあるので、艦これをやっていると馴染みの物もありますねb

ではでは~ノシ

具ロック">
Re: タイトルなし by 具ロック
> 子猫2000さん
どうもでーすノ

> こういう展示系の施設いくと片っ端から隅々まで文章読んで、家族に置いていかれる猫ですw
ですよねw 自分も読んだ方が楽しいと思うんですよ。ただ、三連休の中日だったというのが、敗因ですねぇ・・・。人の流れと言うよりは人の壁が迫ってくる感じでした・・・orz

> 艦船関係の展示物だと何もかもスケールがでかくて迫力いっぱいですね~
> 銃弾を見慣れてるせいか、砲の弾のでかさにビビりまくりですw
> あんなでかい物が飛ぶなんて不思議ですねぇー

スケールデカいですw 12.7cm高角砲の弾なんかは、ライフル弾っぽい形してますけど、46cm三連装砲の弾は、銃弾で言うブリットの部分だけですしねw まぁ、銃弾が飛ぶわけですから、砲弾も飛ぶでしょう。くらいにしか自分も理解してないですけどね(苦w

> 地理よくわからないのでグーグル先生に聞いたら、松江ー呉ってめちゃくちゃ遠いんですね
> 出不精な猫はこんな距離を移動する気になれませんw
> 具ロックさんの行動力に敬服です・・・
めちゃくちゃ遠くはないですよ~w それこそ、猫さんが今お住まいの所から、ご実家の方が遠いと思いますよww 松江-呉間はギリギリ日帰りできる距離といったところですね、体力・気力的に(苦w

ではでは~ノシ


具ロック">
Re: こちらこそ by 具ロック
> フィンブルさん
どうもですノ

>  個人的には大和ミュージアムよりも(不届き者ですみません><)、広島の海辺に行かれたというのが良いですねぇ^^六月くらいからの観光PRのCMとたまゆらのせいで広島と瀬戸内海の株が上がっているものですから(笑)三月にしまなみ海道を通ったのですが、あの時は冬でした…。

たまゆらですかーw 確か竹原辺りでしたっけ? 今回の呉と自分が大学4年間過ごした福山の丁度真ん中辺りにある場所ですね。竹原市の中を電車や車で走った事はあるんですが、実際竹原のあたりをうろうろした事はないですねーw まぁ瀬戸内は気候も風土もいいですから、舞台としてはいいのかもしれません、「かみちゅ」とか「瀬戸の花嫁」とか、名指しで瀬戸内を舞台にしている作品が多いですしねw

>  松江から呉って、陸の端から端ですね、大変でしたでしょうね^^;
まさに陸の端から端でした(苦w まぁ確かに大変ではありましたが、比較的苦で無かったのは、やはり今の艦これブーム(私の中での)のお陰といったところですかね(苦w

ではでは~ノシ

具ロック">
Re: タイトルなし by 具ロック
> まるきちさん

どうもですノ

> 最初の写真に写ってる潜水艦、意外とデカいものですね。
> いつもは船体の半分以上が海に隠れているので比べられませんが
> 手前を走る車と比べてみても凄く大きいのが判ります(^_^;)
全長76mとの事でした。大きかった&存在感がパナかったです(苦w

> こちらの記事を拝見していると非常に興味を惹かれました。
> い~や、「大和ミュージアム」一度は訪れてみたい所ですね!
東京の方からいらっしゃるには、かなり大変かと思いますが、非常に興味深い史料の展示もあります。是非、機会を作っていらっしゃってみてくださいb

ではでは~ノシ

コメントを閉じる▲

 ← 【艦これ】東間提督の航海日誌 其の弐【備忘録】 | TOP | 【報告】アクセス貯金大作戦経過報告【9月分】

COMMENT

どもです
「あれ、呉って結構西だよな・・・?」って思ってたら交通費いい額いきましたね・・・・ww

艦これで見たことあるもの多くてなかなか面白そうですね・・・!(しかし自分の場合交通費がありえなかったので当分無理ですがw


ではでは~
[ 2013.09.24(Tue) 23:27] URL | うえはる #- | EDIT |

(。・ω・)ノ゛ コンチャ♪
こういう展示系の施設いくと片っ端から隅々まで文章読んで、家族に置いていかれる猫ですw
(だって読んだほうが楽しいじゃない・・・)
人の流れ?知らない子ですねぇ・・・(慢心

艦船関係の展示物だと何もかもスケールがでかくて迫力いっぱいですね~
銃弾を見慣れてるせいか、砲の弾のでかさにビビりまくりですw
あんなでかい物が飛ぶなんて不思議ですねぇー

地理よくわからないのでグーグル先生に聞いたら、松江ー呉ってめちゃくちゃ遠いんですね
出不精な猫はこんな距離を移動する気になれませんw
具ロックさんの行動力に敬服です・・・

ではでは~ノシ
[ 2013.09.25(Wed) 11:32] URL | 子猫2000 #bxvF113M | EDIT |

 こちらこそご無沙汰しております、すみません。

 個人的には大和ミュージアムよりも(不届き者ですみません><)、広島の海辺に行かれたというのが良いですねぇ^^六月くらいからの観光PRのCMとたまゆらのせいで広島と瀬戸内海の株が上がっているものですから(笑)三月にしまなみ海道を通ったのですが、あの時は冬でした…。

 松江から呉って、陸の端から端ですね、大変でしたでしょうね^^;
[ 2013.09.25(Wed) 23:32] URL | フィンブル #Eoz6xFRo | EDIT |

最初の写真に写ってる潜水艦、意外とデカいものですね。
いつもは船体の半分以上が海に隠れているので比べられませんが
手前を走る車と比べてみても凄く大きいのが判ります(^_^;)

こちらの記事を拝見していると非常に興味を惹かれました。
い~や、「大和ミュージアム」一度は訪れてみたい所ですね!
[ 2013.09.28(Sat) 17:30] URL | まるきち #X.Av9vec | EDIT |

具ロック">
> うえはるさん
どうもですノ
まぁ、中国地方を斜めに横断する事になりましたからねぇ(苦w
でも時間的には3時間ほどなので、下道使って5時間くらいかければたぶんガソリン代5000円でどうにかなったと思うんですけどねー(苦w

> 艦これで見たことあるもの多くてなかなか面白そうですね・・・!(しかし自分の場合交通費がありえなかったので当分無理ですがw
確かに東京の方から来るのは大変かもですねぇ(苦w
そうですね。まぁ海軍歴史科学館と言う名前の如く、海軍関連の物がたくさんあるので、艦これをやっていると馴染みの物もありますねb

ではでは~ノシ
[ 2013.09.29(Sun) 15:48] URL | 具ロック #- | EDIT |

具ロック">
> 子猫2000さん
どうもでーすノ

> こういう展示系の施設いくと片っ端から隅々まで文章読んで、家族に置いていかれる猫ですw
ですよねw 自分も読んだ方が楽しいと思うんですよ。ただ、三連休の中日だったというのが、敗因ですねぇ・・・。人の流れと言うよりは人の壁が迫ってくる感じでした・・・orz

> 艦船関係の展示物だと何もかもスケールがでかくて迫力いっぱいですね~
> 銃弾を見慣れてるせいか、砲の弾のでかさにビビりまくりですw
> あんなでかい物が飛ぶなんて不思議ですねぇー

スケールデカいですw 12.7cm高角砲の弾なんかは、ライフル弾っぽい形してますけど、46cm三連装砲の弾は、銃弾で言うブリットの部分だけですしねw まぁ、銃弾が飛ぶわけですから、砲弾も飛ぶでしょう。くらいにしか自分も理解してないですけどね(苦w

> 地理よくわからないのでグーグル先生に聞いたら、松江ー呉ってめちゃくちゃ遠いんですね
> 出不精な猫はこんな距離を移動する気になれませんw
> 具ロックさんの行動力に敬服です・・・
めちゃくちゃ遠くはないですよ~w それこそ、猫さんが今お住まいの所から、ご実家の方が遠いと思いますよww 松江-呉間はギリギリ日帰りできる距離といったところですね、体力・気力的に(苦w

ではでは~ノシ

[ 2013.09.29(Sun) 16:07] URL | 具ロック #- | EDIT |

具ロック">
> フィンブルさん
どうもですノ

>  個人的には大和ミュージアムよりも(不届き者ですみません><)、広島の海辺に行かれたというのが良いですねぇ^^六月くらいからの観光PRのCMとたまゆらのせいで広島と瀬戸内海の株が上がっているものですから(笑)三月にしまなみ海道を通ったのですが、あの時は冬でした…。

たまゆらですかーw 確か竹原辺りでしたっけ? 今回の呉と自分が大学4年間過ごした福山の丁度真ん中辺りにある場所ですね。竹原市の中を電車や車で走った事はあるんですが、実際竹原のあたりをうろうろした事はないですねーw まぁ瀬戸内は気候も風土もいいですから、舞台としてはいいのかもしれません、「かみちゅ」とか「瀬戸の花嫁」とか、名指しで瀬戸内を舞台にしている作品が多いですしねw

>  松江から呉って、陸の端から端ですね、大変でしたでしょうね^^;
まさに陸の端から端でした(苦w まぁ確かに大変ではありましたが、比較的苦で無かったのは、やはり今の艦これブーム(私の中での)のお陰といったところですかね(苦w

ではでは~ノシ
[ 2013.09.29(Sun) 16:19] URL | 具ロック #- | EDIT |

具ロック">
> まるきちさん

どうもですノ

> 最初の写真に写ってる潜水艦、意外とデカいものですね。
> いつもは船体の半分以上が海に隠れているので比べられませんが
> 手前を走る車と比べてみても凄く大きいのが判ります(^_^;)
全長76mとの事でした。大きかった&存在感がパナかったです(苦w

> こちらの記事を拝見していると非常に興味を惹かれました。
> い~や、「大和ミュージアム」一度は訪れてみたい所ですね!
東京の方からいらっしゃるには、かなり大変かと思いますが、非常に興味深い史料の展示もあります。是非、機会を作っていらっしゃってみてくださいb

ではでは~ノシ
[ 2013.09.29(Sun) 16:24] URL | 具ロック #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://oneofthe1000.blog96.fc2.com/tb.php/393-ee86ada1
 ← 【艦これ】東間提督の航海日誌 其の弐【備忘録】 | TOP | 【報告】アクセス貯金大作戦経過報告【9月分】

コンテンツ

つぶやき

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。