TOP > VFC/UMAREX GBB 『H&K UMP』 プチレビュー
 ← VFC/UMAREX GBB 『H&K UMP』 プチレビュー その2! | TOP | VFC/UMAREX 『H&K UMP』 GBB 発売!!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


VFC/UMAREX GBB 『H&K UMP』 プチレビュー 

発売日から遅れること3日。本日我が家に新たな家族が増えました(爆w

VFC GBB UMPが到着ですよーノ

2013-03-19 18.10.10_800
ついに我が家にも『NO COMPROMISE(≒妥協しない)』のパッケージが!(嬉々

本レビュー製作には多少なりと時間が掛かりますので、先にちょろっと、プチレビューしちゃいますよノ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

それでは早速ご開帳~ノ

2013-03-19 18.12.10_800
パッケージ内は非常にコンパクトにまとめられています。ストックは折りたたまれた状態で、蓋に接着された白い緩衝材で動かないようにしてある感じです。
見難いですが、画像で下側にマガジンが入っています。右端の長方形の箱はサプレッサー。



ぱんかかぱーん!!


2013-03-19 20.49.45_800
UMPちゃんでございまーすノ >ワ<ノ

見た目は全体的にプラプラしてますね。まぁもともとがポリマーフレームを多用してるモデルなので、当たり前ですけどw 取り上げて一番最初に感じたのはその軽さでした。もうホントビックリするくらい軽いんですよw G36Cくらいはあるのかなーと思ったんですが、全然UMPさんの方が軽いですね。
計測してみると、マガジン無しの本体のみで1650gとかなり軽量でしたw
ただ、そんな軽いとか思われるかも知れませんが、実銃のUMP45も2.3kgと軽量なサブマシンガンなので、これはこれでアリだと自分は思いますよ。ちなみに東京マルイさんのスタンダード電動ガンG36Cは2490gとやっぱちょっと思いですね。ちなみにマルイさんのハンドガンの中でも大きい部類に入るDEは1150gなので、重さ的にはDEの方が近いかもしれないですww

ここからはちょっと画像が多くなるので、小さめにしてます。詳しく見たい場合は画像をクリックすると大きな画像が別窓で開きます。
2013-03-19 20.50.06_800
結局、トライレイルの発売日に関してLAさんがVFC Japanさんに問い合わせてくれたところ、VFCさんの回答は「入荷日未定」だったそうです。LAさんは2~3週間くらいは開くかもと言っておられたので、さすがにそんなには待てないw と本体のみを先に送ってもらいました(苦w
アウターバレルと言うか、フラッシュハイダーと言うのかなんとも微妙なところなのですが、独特なマズルフェイスをしていますよね。ちなみにバレルはフリーフローティングバレルになっていてもちろんグラツキは皆無です。コレは弾道に期待が持てそう。ハンドガード部はアップレシーバーと一体になっているので軋みもほとんど無いですね。
ただ一つ気になるのはコッキングハンドルです。UMPはG36シリーズではなくG3タイプのコッキングハンドルが装備されているんですが、ハンドル部もレシーバー内のボルトを押すパーツも樹脂パーツなんですよ。はっきりとはわからないんですけど、実銃はどうなんでしょうね? まぁ、マルイさんのエアコキSMGみたいにハンドルが折れるなんて事にならないといいんですが(汗

2013-03-19 20.50.21_800
続いてレシーバー周りです。
画面真ん中に見える●-なパーツはボルトリリースボタンですね。まぁM4シリーズを愛好している方には見慣れた雰囲気かも知れませんw UMPはアメリカの市場を主軸に置いている為、アメリカでは絶大なる人気のM4シリーズを踏襲した形です。なので、操作方法は同じでマガジン内の弾が無くなるとボルトが後退位置で停止、新しいマガジンに交換してこのリリースボタンを押せばボルトが前進し初弾をチャンバー内に送り込みます。
もちろんコッキングハンドルを若干引いてやってもボルトストップは開放されるので、お好みの方法でリリースは可能です。ただ、自分の固体は若干マガジンの刺さる位置に遊びがあって、ボルトが後退位置だとマガジンが深く入ってしまうみたいで、マガジンに干渉してボルトがリリースされないですね。惜しいです。
あ、あと画像の中央左よりの所に若干凹んで色の違うパーツが使われているところがありますが、ここがシリアルナンバーですね。シリアルナンバーは固体固体で違うモノが使われているそうです。ちなみにうちの子は163-130157番だそうですw

2013-03-19 20.56.19_800
上の画像で気になっている方も多いと思いますw レシーバーのど真ん中に貼られた"MADE IN TAIWAN"シールですが、剥がすとちゃんと、『Heckler & kochGmbH Made in Germany』の刻印がこれはありがたいですね。
その他の刻印もしっかりと掘られていていい感じです。

2013-03-19 20.51.17_800
エジェクションポートから見えるボルトにもしっかりとHKマークと使用弾薬その他の刻印が入っています。ボルトは若干色が違っていて、いいアクセントになってますよ。

2013-03-19 20.51.51_800
もちろんボルトはフルストロークです。ただ、ノズルの先端が見えてしまっているのがちょっと残念ですねー。まぁ、エアガンなので仕方はないんですけどねw ちなみにコッキングは重たすぎず、軽すぎず、自分には丁度いい操作感ですノ

2013-03-19 20.50.49_800
続いてロアレシーバー。今回のUMPはセーフティ、セミオート、2バースト、フルオートの4ポジションタイプを装備しています。個人的にバーストと言うと3バーストのイメージがあるんですが、詳しい友人に話を聞くとH&K製の銃は以外に3バーストより2バーストを装備している事が多いのだとか。
あ、コッキングレバーが左面にある為、あまり右面の画像がないですが、もちろんアンビタイプになっているので、両面から操作が可能です。刻印もちゃんと両面に入っていますよ。
ただ、このセレクターが今回結構な曲者で、想像以上に渋いっていうねw セレクター自体が樹脂製で、G36シリーズのようにベタッとレシーバーに密着いない性で非常に華奢な感じなんですが、えらく渋いので、なんていうか
折れそう。
なんですよね(苦w 自分はセーフティからフルまで親指で押し込み、戻すのは人差し指で戻すんですが、それぞれのポジションでしっかり、カチッ、カチッと止まるものの指が痛くなる程度に押し込まないといけなくて、壊しちゃいそうで怖いです(苦w
まぁ、既に事前情報として各箇所が結構渋いという情報が入っており、多少のすり合わせによって改善が見込まれるらしいので、レビュー用の写真を撮影したら、速攻ですり合わせ作業をしようと思ってますw
そして、グリップですが、ここにもどことなーくM4っぽい雰囲気が漂っていますねw 側面にはチェッカリングっぽいダイヤ形の加工と、背面にはセレーションっぽい滑り止めの加工が施してあります。ツルツルしすぎず、食い込み過ぎずの絶妙なパターンですw 前後は若干長めですが、厚さが先端に行くほど若干薄く作ってあって、一番厚い根元部分で約28mmと薄く、手の小さい自分でも結構握りやすいです。WEのG39だとグリップは先端に向かうほど広くなり、最大で32mmほどあるんですよね。あーあと、底部は穴が開いてませんね。蓋がしてあります。

2013-03-19 20.53.52_800
ちなみにアッパーレシーバー上面のリアサイトのすぐ前みたいなところにMP5の時に「残念刻印」と呼ばれる所以となった「H&Kの協力で作った」と「6mmBB弾使用」の文字がプリントしてあります。この位置にはトップレールがくるので、トップレールを付けると完全に隠れる格好ですね。しっかりと学習してる、えらいえらいw

2013-03-19 20.54.14_800
ストックも総樹脂パーツ製ですが、フォールティングストックの構造上、若干の軋みは仕方無いものの、最小限に抑えられて、グラつく感じはまったくないです。本体自体が軽いのもありますが、ストック持ってぶんぶんしても問題なさそうな感じです。安価電動のコンプエディションでは仕上げがまったく一緒だったそうですが、このモデルではバットパットと頬が当たるチークピース的な部分にはラバー加工が施されていていい感じですね。ストックの長さはG36Cほどは短くないものの、フルサイズG36ほどは長くないという微妙なサイズで個人的にはG36と同じサイズでもよかったのでは? という感じです。
そして、曲者其の2がこのストックの基部、リリースボタンです。コレがまためっちゃ渋いんですよ。スプリングが結構硬いやつみたいで、ただ伸ばすだけだとヘッコンでくれず、リリースボタンを押しつつ展開しないといけないですね。無理やりやれば展開できるかもですが、ボタンのパーツも受け側の穴のパーツも樹脂製なので、ちょっと心配です(苦w あと、これは自分の固体だけなのかも知れませんが、ストックを展開した際、ストックとレシーバーの間に若干の隙間が開きます。完全に開いてない感じで。タブンどこかが干渉しているんだと思います。ここもすり合わせが必要そうです。

2013-03-19 20.52.44_800
続いてはマガジンです。事前調査不足だったのですが、UMPのマガジンって外装はG36と同じ樹脂タイプなんですね。本来残弾を確認するための覗き窓が大きく開いていて透明なパーツがハメてあるんですが、その中にはダミーカートは再現されていません。ここはG36シリーズのようにダミーカートを再現して欲しかったですねー。側面の刻印はしっかりとしたものが入っているので、少々勿体無いと思います。

2013-03-19 20.53.06_800
注入バルブですが、海外製GBBの宿命でシュー音のしないタイプが取り付けられています。これまた事前情報で、WEさん製のGBB用のタニオコバ製変換バルブバルブが使用可能との事でしたので、一応自分も試してみたのですが、若干外形が細いモノの何の問題も無く使用できました。これは早めに追加で購入する必要がありますね。

で。このモデル最大の曲者がこのマガジンさんなんですよ。
まぁ、先に紹介した深く入りすぎるのも1つなんですが、まず振ると異音がします(汗 シャーカチンみたいな音です。原因不明。
続いて、マガジンフォロアーが途中で引っかかって弾が入らない事があります。まぁ引っかかる位置は毎回同じなので、バリか何かが残っているのではと、予想しています。
さらにマガジンをレシーバーに刺す所が渋い。かなりタイトです。最初入らないので、え? どういうことなの? ってなりました。
あと上3つに比べれば些細な事ですが、注入バルブの規格がなんかちょっと違うらしく、KSCさんのバルブレンチだと開けられません! まぁコレは大き目のマイナスドライバーで回避可能です。

マガジンについてもレビュー用の写真を撮り次第、分解してみないといけなさそうです。

とまぁ、ディティールに関してはこんな感じでしょうか。
ここまで書いてざっと読み返してみたんですが、

プチレビューのつもりがえらい本格的なレビューになってしまった(苦w

で、流石に少々長くなってしまった上、まだ結構書きたいところもあるので、二部構成にする事にしました(苦w
後半では、付属品やオプションパーツ、実射についてなどを取り上げますので、お楽しみにw

ではでは、今回はこの辺りでノ





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2013.03.19(Tue) 23:59] インプレTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by ガリレオレオ
こんばんは。
濃厚なレビューお疲れ様です!

マガジンから謎の音は・・・当方の個体もします(笑)あれ何なんでしょうね。

本当に妥協は感じさせないです。作動もマガジンが温まっていると充分快調になりましたよ!
それでは~。

by まるきち
こんばんは

ガリレオレオさんのブログのコメントにて
「ピックアップして」と書かれていたので
そろそろレビュー来るかなと楽しみに待っていましたよ!

流石にVFC/UMAREXというだけあって刻印も実銃に準じた
再現具合になっているようですね。

UMPの実射やパーツのレビューも楽しみにしています☆

具ロック">
Re: タイトルなし by 具ロック
> ガリレオレオさん
どうもですノ

> 濃厚なレビューお疲れ様です!
簡易にするつもりが、書き出したら止まらなくて(汗w おつありですノ

> マガジンから謎の音は・・・当方の個体もします(笑)あれ何なんでしょうね。
あ、あの音って共通だったんですか。自分はてっきりハズレを引いたのかと思ってました(汗
情報ありがとうございます。ほんとなんなんでしょうね(苦w

> 本当に妥協は感じさせないです。作動もマガジンが温まっていると充分快調になりましたよ!
ですね。自分はUMAREX製の銃は初購入ですが、コレは他のモデルも欲しくなっちゃうこだわり感ですw
ただ、宿命とはいえ、マガジンの冷え具合が分かりにくいのが難点ですよねーw
自分も少し暖めて撃ってみようかなぁ。

ではでは~ノシ

具ロック">
Re: タイトルなし by 具ロック
> まるきちさん
どうもでーすノ

> そろそろレビュー来るかなと楽しみに待っていましたよ!
お待たせ致しました! どうにかこうにか失速する事なく前後編書き上げられましたw 是非後編の方もご覧くださいねーノ

> 流石にVFC/UMAREXというだけあって刻印も実銃に準じた
> 再現具合になっているようですね。
ですね。余計な刻印を追加する事なく、必要な情報はしっかりと隠れるように入れてくれる、どこかKSCさんの作り方に似ている気がします。他のモデルも欲しくなっちゃいましたw

ではでは~ノシ

コメントを閉じる▲

 ← VFC/UMAREX GBB 『H&K UMP』 プチレビュー その2! | TOP | VFC/UMAREX 『H&K UMP』 GBB 発売!!

COMMENT

こんばんは。
濃厚なレビューお疲れ様です!

マガジンから謎の音は・・・当方の個体もします(笑)あれ何なんでしょうね。

本当に妥協は感じさせないです。作動もマガジンが温まっていると充分快調になりましたよ!
それでは~。
[ 2013.03.20(Wed) 19:26] URL | ガリレオレオ #- | EDIT |

こんばんは

ガリレオレオさんのブログのコメントにて
「ピックアップして」と書かれていたので
そろそろレビュー来るかなと楽しみに待っていましたよ!

流石にVFC/UMAREXというだけあって刻印も実銃に準じた
再現具合になっているようですね。

UMPの実射やパーツのレビューも楽しみにしています☆
[ 2013.03.20(Wed) 20:47] URL | まるきち #X.Av9vec | EDIT |

具ロック">
> ガリレオレオさん
どうもですノ

> 濃厚なレビューお疲れ様です!
簡易にするつもりが、書き出したら止まらなくて(汗w おつありですノ

> マガジンから謎の音は・・・当方の個体もします(笑)あれ何なんでしょうね。
あ、あの音って共通だったんですか。自分はてっきりハズレを引いたのかと思ってました(汗
情報ありがとうございます。ほんとなんなんでしょうね(苦w

> 本当に妥協は感じさせないです。作動もマガジンが温まっていると充分快調になりましたよ!
ですね。自分はUMAREX製の銃は初購入ですが、コレは他のモデルも欲しくなっちゃうこだわり感ですw
ただ、宿命とはいえ、マガジンの冷え具合が分かりにくいのが難点ですよねーw
自分も少し暖めて撃ってみようかなぁ。

ではでは~ノシ
[ 2013.03.20(Wed) 22:57] URL | 具ロック #- | EDIT |

具ロック">
> まるきちさん
どうもでーすノ

> そろそろレビュー来るかなと楽しみに待っていましたよ!
お待たせ致しました! どうにかこうにか失速する事なく前後編書き上げられましたw 是非後編の方もご覧くださいねーノ

> 流石にVFC/UMAREXというだけあって刻印も実銃に準じた
> 再現具合になっているようですね。
ですね。余計な刻印を追加する事なく、必要な情報はしっかりと隠れるように入れてくれる、どこかKSCさんの作り方に似ている気がします。他のモデルも欲しくなっちゃいましたw

ではでは~ノシ
[ 2013.03.20(Wed) 23:01] URL | 具ロック #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://oneofthe1000.blog96.fc2.com/tb.php/351-c3f2a308
 ← VFC/UMAREX GBB 『H&K UMP』 プチレビュー その2! | TOP | VFC/UMAREX 『H&K UMP』 GBB 発売!!

コンテンツ

つぶやき

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。