TOP > UFC GSG製『SFタイプ レーザーサイト モジュールセット』 (GSG-057) レビュー
 ← JG製 電動ガン 『H&K SL8-4』(SL-8 + ×3 scope) プチレビュー | TOP | いろいろ到着!!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


UFC GSG製『SFタイプ レーザーサイト モジュールセット』 (GSG-057) レビュー 

今回の戦利品レビュー、第1弾は、

UFC
GSG製『SFタイプ レーザーサイト モジュールセット』

(GSG-057)
2012-11-23 19.28.39_640

のレビューでございますノ


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

あれよあれよという間に3連休も中日ですなぁ・・・。
ダラダラしてるとお休みなんて奴はあっという間に終わっちゃうものですね(苦w
まぁ、ダラダラというよりはSL8を構ってるだけですがね。
それは置いておいて、レビューに参りますかね。

はい、というわけで。先日の日記でも書いた通り、男の子の夢のレーザーサイトです。
ただまぁレーザーサイトって? って方もいらっしゃるかもしれないので、概要はというと。

直進する性質を持つレーザー光を直接目標に当てて狙う照準器

つまり、簡単に言うと。

ターゲットに赤い光点が出るアレですよww

結構色々な映画とか、アニメで出てきますよねw
個人的な話にはなるんですが、自分が一番最初にスゲェ! って思ったのは、シュワちゃん主演の名作『ターミネーター』で、ハードボーラー上に載っていたレーザーサイトでしたね(苦w

まぁ、映画やアニメに出てくるレーザーサイトは種類で言うと、クラス3Aという部類のレーザーでこれ以上のクラスのレーザーは基本的に国内での製造販売および、輸入販売が禁止されています。
自分が子供の頃(正確には2001年ごろ)に色々問題が起こりまして、禁止になっちゃったんですよね。2001年まではこのクラス3A相当のレーザーサイトがエアガン用に売られてたんですけどねー。
今、国内で市場に流通しているのは、クラス1か2の物みたいです。

そんなこんなで、憧れのあったレーザーサイトですが、前は値段も1万円程度とちょっとばっかりお高めで、なかなか手が出なかったんですが、最近はお手ごろな海外製品が増えて5千円以下というお値段で入手できるんですよねw
今回入手したUFCのGSG製『SFタイプ レーザーサイト モジュールセット』も定価7,140円(税込)が、フォースターさんで通常価格4,998円で販売されています。
(自分は開店記念セールで3,800円で購入w)



外箱はこんな感じ。
2012-11-25 18.29.55_640
黒い箱にシルバーの目盛り(?)が入っているデザインの上に商品のラベルが別紙で貼ってあります。多分箱は使いまわしているんだろうなぁ。サイズは幅17.2cm、奥行き11.3cm、高さ5.6cm。

内装はこんな感じでした。
2012-11-25 18.32.16_640
内容品は、本体、リモートコード式スイッチ、押し込み式スイッチ、マウント、CR123電池、マウント用のヘックスレンチ、調整用のヘックスレンチ。

2012-11-23 19.28.39_640
本体サイズは長さ10.8cm、最も太い所で直径は3.1cm、金属製で剛性は抜群ですね。思っていたよりしっかりと作られていて驚きました。雰囲気もかなりいいですね。

この商品には説明書が付属されておらず、使い方がイマイチはっきりしなくて最初戸惑いました。
2012-11-25 18.35.21_640
ちなみに電池は↑の画像のように+端子をスイッチ側に向けて入れます。
あと、ON/OFFを切り替えるスイッチ等は無く、リモートスイッチを接続した場合はリモートスイッチをON/OFFで点灯/消灯します。押し込みタイプのスイッチの場合は、電池を挿入する場所の蓋を若干緩めておくことで後端のスイッチの押し込みでON、離してOFFになり、完全に蓋を締め込むと常時ONになります。
リモートスイッチは接点が3箇所あり、1つまたは複数個の接点をONにすれば点灯します。これならどんな感じに設置してもどれかのスイッチに触れます。あと、この場合クリック感と言っていいのか微妙ですが、プチプチ感があってイイ感じですね。

2012-11-25 18.36.43_640
本体先端の部分には各種調節用のヘックスレンチが見えていますが、これらは全てダミーです(苦w
実際には先端部分のカバーを外すと、↓の感じで本当の調節部が出てきます。
2012-11-25 18.37.29_640
上側のヘックスレンチで上下の調整、左右のヘックスレンチで左右の調整をするようなんですが、上下の調整は結構動くんですけど、左右の調整はあんまり可動量は多くないみたいですね。

2012-11-25 18.37.53_640
先端のキャップ部分にはレーザー刻印(?)らしきプリントが入ってます。これも結構イイ感じみたいです。
(自分は実物を見たこと無いのでわからない(汗))

さて、今の所特に問題も無いコチラのレーザーサイトですが、一番の問題時は、付属のマウントなんですよねぇ(苦w
2012-11-25 18.39.36_640
なんと、このマウント。

マウント出来ません(苦w

専用マウントのクセにw
どういう事か、といいますと、マウント自体の径がデカくて、本体を保持してくれないんですよ。
マウントの内側に1枚ビニテを噛ませれば止まるので、まぁ問題が無いといえば、問題は無いんですけど・・・。それにしても、本物だったら、確実にリコールもののミスですよねww
そしてこのマウント、裏側が3本に分かれていて、中央の1本で本体の保持を、外側の2本でレールへ固定をするようになっているんですが、中央1本をきつきつに締めてあると、レールに装着するときに中央の1本が引っかかって入らないっていうねwww
取り付け手順は、

1、まず、マウントのみをレールに固定

2、レーザーサイト本体をマウントに固定


この順番じゃないと付けられません(苦w

そして、取り付けると。

こんな感じになります↓
2012-11-25 18.51.44_640
ちょっと飛んじゃってますが。
基本的にはピカティニー規格のレールにであれば、取り付け可能だと思います。
実測値的に言うと、大体、21mmくらい。ピカティニー規格が約21.2mmなので、少し狭いですが、取り付けは可能です。

さて、ディティールに関してはこれくらいにして、使用感なんですが、まぁ基本的には問題は無いと思います。夜間であれば、60mm程度先の標的に照射すると光点が広がりはするものの目視できます。
日中は視認は微妙になりますが、25m先に照射しているのが確認できました。
まぁ個人的には趣味の領域のオプションなので、まぁこの程度の性能があれば十分かと。

いやぁ。完全な衝動買いだったんですが、費用対効果はかなりいいですね。
性能も1級とは言わないものの、十分実用範囲内ですし。
まぁマウントは完全に不良品レベルなので、何らかの対策は必要だと思いますけどねw
チューブは1インチ径なので、他のマウントに変えるのもありだと思います。

と、まぁこんな感じでしょうかね?
いやはや。結構な量になってしまいました。少々重かったかもしれません、申し訳ない。
とはいえ、ほとんど本ページのレビューと同じ感じで書いてしまったので、後々本ページの方へ移植も考えておきましょうか。
何かご不明な点がありましたらコメント等でご質問頂ければお答え致しますよノ
まぁさほど可動部も多くないですし、無いとは思いますけどね(苦w

ただ、今回の一番の問題は・・・

付けようと思ってたRONIに付かなかった。

と、いう事でしょかね(苦w
(RONIのサイドレールがピカティニー規格より0.1mm程度太いのが原因)

それでは、本日はこのあたりで、明日はいよいよ、SL8のプチレビューに参りますよ!
ではでは~ノシ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2012.11.24(Sat) 23:59] インプレTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← JG製 電動ガン 『H&K SL8-4』(SL-8 + ×3 scope) プチレビュー | TOP | いろいろ到着!!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://oneofthe1000.blog96.fc2.com/tb.php/303-5e9573af
 ← JG製 電動ガン 『H&K SL8-4』(SL-8 + ×3 scope) プチレビュー | TOP | いろいろ到着!!

コンテンツ

つぶやき

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。