TOP > 雨の音。
 ← 6月ですねぇ。 | TOP | やっと復活です

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


雨の音。 




雨が続きますね。まぁたまにはいいんですけど。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

雨は嫌いじゃないんです。ただジメジメしてるのは嫌いなんですけどね(ドッチダヨw
さて、それはさて置き、一昨日に映画の話をしようかなと書いたので、今日は自分がオススメする映画をご紹介しましょう。

●沈黙の戦艦
tinmokunosenkan.jpg

オススメ度110%

実は自分、スティーブン・セガールのファンなんですよねぇ(苦w
あの独特のアクションがなんか好きなんですよw
てなわけで、最初はセガールの出世作、『沈黙シリーズ』の第1作です。

1992年公開
主演:スティーブン・セガール
監督:アンドリュー・デイヴィス

ストーリーは。。。
舞台は退役を目前にハワイからアメリカ本土に向けて最後の航海に出たアメリカ海軍の戦艦「ミズーリ」。
その艦上で最後の艦長であるアダムス艦長の為に副長のクリル中佐によって誕生パーティが、艦長に内緒で企画されていました。誕生パーティの料理を作っていたコック長ライバック兵曹(セガール)は、クリル中佐から、誕生パーティの料理がハワイから運ばれる事を突然聞かされ、クリル中佐に反抗して冷蔵庫に監禁されてしまいます。
クリル中佐に呼ばれ、ミズーリに乗り込んだロック・バンドや、コック達は元CIAのテロリスト、ストラニクスのチームだったのです。彼らの目的はミズーリに搭載されている核弾頭搭載トマホーク巡航ミサイルを闇市場へ横流しする事でした。
ストラニクスの鮮やかな作戦にミズーリの船員達は捕われてしまいます。クリフ中佐に逆らい冷蔵庫に監禁されていたコック長のライバック兵曹は襲ってきたストラニクスの手下をコックとは思えぬ技術で倒してしまいます。
彼は元海軍特殊部隊『SEAL』の対テロ部隊の指揮官だったのですが、ある作戦で情報の不備が原因で多くの部下を失って、情報将校を殴って降格処分になり、それを不憫に思ったアダムス艦長にコック長として新しい任務を任されていたのです。
ライバックは助け出した同僚や、パーティにサプライズゲストとしてやってきていた女性ダンサーのジョーダン・テイトと共に、反撃を開始します。

だいたいこんな感じ。

まぁちょっと、好き嫌いが分かれるかと思うのですが、自分は結構好きなんですよねぇ。
敵のストラニクスがトミーリージョーンスって言うのも見物ですよ。


●ザ・シューター ~極大射程~
c0113733_23533531.jpg

オススメ度120%

近年見た映画の中で、1番「カッコいい!」と思ったのがこの映画ですね!

2006年公開
主演:マーク・ウォールバーグ
監督:アントワーン・フークア

ストーリーは。。。
CIAの非合法な作戦に"平和監視活動"と騙されて派遣され、親友を失い、軍を去ったスゴ腕狙撃手、主人公のボブ・リー・スワガーの元に”大統領の暗殺を阻止したい”とアイザック・ジョンソン大佐が尋ねてくる所から始まります。
政府や軍に背を向けていたスワガーでしたが、ジョンソン大佐の巧妙な愛国心を擽る物言いに、もう一度、国の為に働く決意をし、ジョンソン大佐の指示に従い、大統領の立ち回り先の下調べを行います。
その結果、フィラデルフィアの会場が最も狙撃に適していると結論をだし、報告しに行ったスワガーは、ジョンソン大佐に「現場で指揮を取ってほしい」と頼まれます。
しかし、その申し出を受け、現場で指揮を取るスワガーに大きな陰謀の魔の手が迫ります…。

大体こんな感じ。

狙撃のイメージがガラッと変わりましたね。
とにかくスワガーの狙撃技術の考察がもの凄く参考になりましたし、とても描写がリアルなんですよ。
狙撃と言うものを主題に置いた映画を私も何本か見て来ましたが、ここまでリアルに描かれている作品は他に知りません。
狙撃に興味のある方には、一見の価値ありだと思います!


●レオン
f977dd52.jpg

オススメ度150%

自分の中では傑作中の傑作ですね。

1994年公開
主演:ジャン・レノ
監督:リュック・ベッソン

ストーリーは。。。
スゴ腕のプロの殺し屋レオン(ジャン・レノ)は、ある日ひょんな事からアパートの隣室に住む少女、マチルダ(ナタリー・ポートマン)と知り合います。
レオンとマチルダが出会ったその翌日、マチルダの家族は麻薬取締局のスタンスフィールドによって皆殺しにされてしまい、たまたま居合わせなかったマチルダはとっさに隣室のレオンに助けを求め、レオンは彼女を保護しました。
一度はマチルダを追い出そうとするレオンですが、マチルダは巧みな駆け引きを駆使して弟の復讐の為、彼から殺しの技術を学ぶ約束を取り付けます。奇妙な同居生活を始めた二人は、やがてお互いに心の安らぎを見出すようになり、複雑な感情と信頼が生まれていきます。
そしてレオンが仕事に出かけたある日、アパートに行ったマチルダはそこで、家族を殺したスタンフィールドを知り、復讐を果たす為、単身彼の元へ向かうのでした。

大体こんな感じです。

レオンがカッコいいですね~、上の二つほど激しいアクションシーンの数は少ないですが、一つ一つのシーンがどこか洗練されています。



と、まぁ他にもたくさんオススメしたい映画はあるのですが、今回はこの3本です。他のはまた次の機会にでもご紹介させて頂きます。
3本とも見応えのある作品ですので、これから梅雨の時期に入り、雨で外に出られない暇な休日などに見られてみてはいかがでしょうか(苦w
それでは、本日はこのあたりで。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.05.24(Mon) 21:16] 日々報告Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

最初から見たいですね by フィンブル
こんばんは。
 沈黙の戦艦はダンサーが出てくるところから、レオンはマチルダの家襲撃のところから見ました。この2つはいつか最初から見たいものですね。
 ザ・シューター~極大射程~は最初のアフリカの武装勢力の部隊を狙撃手1人(と観測手1人)で足止めするシーンが良かったですね。運転手と銃手を1発で仕留めて、敵は大混乱。狙撃手はすごい、格好いいと思いました。あとFBIの新人が殺されかけるシーンで湖から撃ってくるシーンとログハウスでの撃ち合いも格好よかったですね。でもストーリーはあんまりでした…裁判みたいなシーンでなぜ釈放になったのかわからず、結局は敵の本拠に乗り込んで殺しただけでしたから…。

 セガールの沈黙シリーズは沈黙の要塞が一番好きです。でも見たのがだいぶ前なので久々に見たいですね。

Re: 最初から見たいですね by 具ロック
自分は一応紹介した3作品はDVDを持っているんですが、沈黙の戦艦とレオンはDVD版では吹き替えが違っていてイマイチしっくりこないんですよね・・・。やっぱTVバージョンの吹き替えの方が好きだったりします(英語は苦手なので、原音では見ないw)

>でもストーリーはあんまりでした…裁判みたいなシーンでなぜ釈放になったのかわからず、結局は敵の本拠に乗り込んで殺しただけでしたから…。

ですか~。まぁ簡単に言うと、スワガーの銃は大司教を撃てなかった事が証明されたって事だったんですけどね。本拠地に乗り込んだのはどうですかね~、でもスワガーはなんだか個人的な復讐はしなさそうに見えるんですが。自分的には司法長官の「銃で街を一掃はできないからな、たまにはそれが必要かもしれんが・・・」って言葉が凄く意味深で、勝手な想像なんですけど、あの襲撃は司法長官のサイドから頼まれたんじゃないかと思ってます。
ただ、その前にも司令官が消えたりしてるので、あくまでそうであって欲しい的な願望の方が強いかもしれませんねぇ・・・(苦w

>  セガールの沈黙シリーズは沈黙の要塞が一番好きです。でも見たのがだいぶ前なので久々に見たいですね。

要塞ですか~、石油コンビナートのお話ですね~。
自分の中ではあの社長さんほど、悪役の中の悪役って感じの悪役が出てくるのは、沈黙シリーズの中でもアレだけな気がしますねぇwww

コメントを閉じる▲

 ← 6月ですねぇ。 | TOP | やっと復活です

COMMENT

こんばんは。
 沈黙の戦艦はダンサーが出てくるところから、レオンはマチルダの家襲撃のところから見ました。この2つはいつか最初から見たいものですね。
 ザ・シューター~極大射程~は最初のアフリカの武装勢力の部隊を狙撃手1人(と観測手1人)で足止めするシーンが良かったですね。運転手と銃手を1発で仕留めて、敵は大混乱。狙撃手はすごい、格好いいと思いました。あとFBIの新人が殺されかけるシーンで湖から撃ってくるシーンとログハウスでの撃ち合いも格好よかったですね。でもストーリーはあんまりでした…裁判みたいなシーンでなぜ釈放になったのかわからず、結局は敵の本拠に乗り込んで殺しただけでしたから…。

 セガールの沈黙シリーズは沈黙の要塞が一番好きです。でも見たのがだいぶ前なので久々に見たいですね。
[ 2010.05.30(Sun) 21:16] URL | フィンブル #Eoz6xFRo | EDIT |

自分は一応紹介した3作品はDVDを持っているんですが、沈黙の戦艦とレオンはDVD版では吹き替えが違っていてイマイチしっくりこないんですよね・・・。やっぱTVバージョンの吹き替えの方が好きだったりします(英語は苦手なので、原音では見ないw)

>でもストーリーはあんまりでした…裁判みたいなシーンでなぜ釈放になったのかわからず、結局は敵の本拠に乗り込んで殺しただけでしたから…。

ですか~。まぁ簡単に言うと、スワガーの銃は大司教を撃てなかった事が証明されたって事だったんですけどね。本拠地に乗り込んだのはどうですかね~、でもスワガーはなんだか個人的な復讐はしなさそうに見えるんですが。自分的には司法長官の「銃で街を一掃はできないからな、たまにはそれが必要かもしれんが・・・」って言葉が凄く意味深で、勝手な想像なんですけど、あの襲撃は司法長官のサイドから頼まれたんじゃないかと思ってます。
ただ、その前にも司令官が消えたりしてるので、あくまでそうであって欲しい的な願望の方が強いかもしれませんねぇ・・・(苦w

>  セガールの沈黙シリーズは沈黙の要塞が一番好きです。でも見たのがだいぶ前なので久々に見たいですね。

要塞ですか~、石油コンビナートのお話ですね~。
自分の中ではあの社長さんほど、悪役の中の悪役って感じの悪役が出てくるのは、沈黙シリーズの中でもアレだけな気がしますねぇwww
[ 2010.06.01(Tue) 11:36] URL | 具ロック #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://oneofthe1000.blog96.fc2.com/tb.php/134-a75ef60c
 ← 6月ですねぇ。 | TOP | やっと復活です

コンテンツ

つぶやき

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。